>  > 18インチアルファード10系ENKEI オール オールエイト MMB 7.5Jx18プロクセス C1S 235/50R18
★TUFREQ ルーフキャリア エスティマ AHR10W/ACR30W/ACR40W用/Hシリーズ 長さ:ショート

18インチアルファード10系ENKEI オール オールエイト MMB 7.5Jx18プロクセス C1S 235/50R18

ホーム

文字サイズ

サイトマップ

18インチアルファード10系ENKEI オール BILSTEIN オールエイト MMB [ホイール単品4本セット]ky 7.5Jx18プロクセス C1S 235/50R18

自動車、航空宇宙 トヨタ 新品断熱UVフロントガラス MR2 SW20 グリーン/グリーンボカシ、家電、鉄道 、産業機器 超高輝度! LEDルームランプ ハイエース/レジアスエース フロント・リアセット YAQ-103、電力分野などでの根幹となるエレクトロニクス産業における新規な材料開発を目指して、主にマレイミド樹脂やベンゾオキサジン樹脂、フェノール樹脂、エポキシ樹脂などの硬化前のオリゴマーや改質剤の構造設計、それらの物性評価や成形加工技術の研究を行っています。また、バイオマス熱硬化性プラスチックの開発にも取り組んでいます。

担当者 お問い合わせなどについては「*」印の連絡担当者へお願い致します。

  1. 大塚恵子 *
  2. 木村肇
  3. 米川盛生
対応する業界、素材や技術

マレイミド樹脂、ベンゾオキサジン樹脂、フェノール樹脂 165/55R14 72V YOKOHAMA ヨコハマ BluEarth AE-01 ブルーアース AE01 weds RIZLEY ZEFICE X ウェッズ ライツレー ゼファイス エックス サマータイヤホイール4本セット、エポキシ樹脂、電気電子材料、接着剤、プラスチック

研究内容

マレイミド樹脂の反応性を利用した高耐熱性樹脂の開発

マレイミドの二重結合の反応性を利用して、マレイミド樹脂をさまざまな化合物で変性することで高耐熱性樹脂の開発に成功しました。さらに、高耐熱性に加えて、低熱膨張性や強靭性を示す材料開発に取り組んでいます。

ベンゾオキサジン樹脂を用いた高性能熱硬化性樹脂の開発

硬化反応過程でホルムアルデヒドやアンモニアガスなどの有毒な揮発物を発生せず、酸やアルカリなどの触媒も必要としないベンゾオキサジン樹脂を用いて、成形性や耐熱性、難燃性などに優れた高性能熱硬化性樹脂の研究を行っています。

バイオマスを活用した熱硬化性樹脂の開発

木材や稲わらなどからパルプを製造するためにセルロースを抽出した後に生成するパルプ廃液には、リグニンといわれる天然物が多く含まれています。このリグニンをパルプ廃液から抽出して、熱硬化性樹脂と複合化させたバイオマス熱硬化性プラスチックの開発に取り組んでいます。

トピックス

宇宙航空用材料として有用な新しい耐熱性熱硬化性樹脂の開発に成功

一般的に、ロケットのノズル部分や有名な探査機はやぶさのカプセルなど、宇宙航空用材料は多くの場合、非常に高温にさらされます。そこで、このような宇宙航空用材料には、耐熱材料として、アブレータと呼ばれるフェノール樹脂製の繊維強化プラスチックが使用されています。本研究では、この従来のフェノール樹脂に代わる宇宙航空用材料として有用な新しい耐熱性熱硬化性樹脂の開発に成功しました。 開発した新しい耐熱性熱硬化性樹脂はベンゾオキサジン樹脂とシアネートエステル樹脂を組み合わせたもので、その特徴は従来のフェノール樹脂と比べ、以下のような3つの特徴がありました。

  1. 成形前の溶融粘度が非常に低く、かつその低い粘度を長時間維持できるため、宇宙航空用材料のような大型かつ複雑な形状の成形品でも成形可能です。
  2. 硬化過程で揮発物が発生しないため、成形性や成形品の品質が優れています。
  3. 1200℃という高温でも残炭率が50%以上の高い値を示すため、例えばロケットノズル外表面の破壊や形状の変化を少なくすることができます。
リグニンを複合化させたバイオマス熱硬化性プラスチックの開発

化石資源(石油や石炭)から天然物由来の資源へ
20世紀において、化石資源はプラスチックの原料やエネルギーとして採掘され限りなく使用されてきました。しかし、近年 WedsSport SA-10R (ウェッズスポーツ SA10R) 18インチ 7.5J PCD:114.3 穴数:5 inset:35 ブルーライトクローム Weds [ホイール単品4本セット]、石油を初めとする化石資源の枯渇化、プラスチックの燃焼に伴う大気汚染や大量の二酸化炭素の発生による地球温暖化の問題、産業廃棄物による環境汚染等が深刻な環境問題となっています。そこで、石油や石炭由来のような化石資源ではなく、天然物由来の資源(いわゆる非化石資源)を利用する試みが盛んに進められています。一般的に 車高調 RS-R ホンダ フリード GB6 (4WD) 28/9~ Best☆i BIH717M、「再生可能な、生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」をバイオマスと呼びます。バイオマスは大きく分けて以下の3つの種類があります。

  1. 廃棄物系バイオマス(畜産資源(家畜排せつ物)、食品資源(生ゴミ)、産業資源(パルプ廃液)、林産資源(建築廃材)、下水汚泥)など
  2. 未利用バイオマス(林産資源(林地残材)、農産資源(稲わら・もみがら))など
  3. 資源作物(糖質資源(さとうきび)、でんぷん資源(とうもろこし))など

世界的にも環境を守る気運が高まる中、化石資源に代わる天然物由来の資源であるバイオマスを有効に活用した技術開発が強く求められています。

バイオマスとしてリグニンを利用し、新しい熱硬化性プラスチックを開発
本研究所では、バイオマスとして、廃棄物系バイオマスである産業資源(パルプ廃液)に着目しました。木材や稲わらなどからパルプを製造するため、

、セルロースを抽出した後に生成する廃液がパルプ廃液で、黒液とも呼ばれています。黒液には多くの天然物成分が未だ残っており、特にリグニンといわれる天然物が多く含まれています。このリグニンを黒液から抽出し、熱硬化性樹脂と複合化させた新しいバイオマス熱硬化性プラスチックの開発を進めています。リグニンを複合化させた熱硬化性プラスチックは、従来のものに比べ、耐熱性や電気絶縁性に優れていることを見いだしており、今後さらに研究を発展させて、電子材料をはじめとする高付加価値製品への実用化を図りたいと考えています。

熱硬化性樹脂研究室に関するお問合せ

依頼試験、技術的相談、相談内容で担当部署がわからない場合などの際は、
技術相談窓口へお尋ねください。

9:00~12:15/13:00~17:30(土日祝・年末年始を除く)

ページトップへ

{yahoojp} {omtri.or.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-78705